ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

日本脳炎

[2013年4月25日]

ID:3392

平成25年4月1日から日本脳炎予防接種の特例対象者の範囲が広がりました

 平成7年4月2日から平成7年5月31日生まれの方も接種対象者になりました。

 日本脳炎の予防接種は、予防接種法施行令及び定期(一類疾病)の予防接種実施要領が一部改正され、平成17年度から平成21年度にかけての日本脳炎の予防接種の積極的勧奨の差し控えにより接種を受ける機会を逃した、平成7(1995)年4月2日から平成19(2007)年4月1日生まれの方は20歳未満の間、従来の対象者に加えて定期予防接種の対象者になりました。

日本脳炎

 
 日本脳炎ウイルスの感染でおこります。人から人に直接感染するのではなく、ブタ等の体内でウイルスが増えた後、そのブタを刺した蚊が人を刺すことによって感染します。
 7から10日の潜伏期間後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障がい、けいれん(ひきつけ)などの症状を示す急性脳炎になります。

定期接種対象者・接種回数

対象者

【第1期】
生後6か月以上7歳6か月未満
(標準的な接種期間は、3歳以上5歳未満)

【第2期】
9歳以上13歳未満
(標準的な接種年齢は、2期は小学校4年生)

回数

【第1期】…合計3回(第1期初回2回、追加)  間隔(第1期) 初回…6~28日 追加…おおむね1年

【第2期】…1回

特例措置対象者

平成7(1995)年4月2日から平成19(2007)年4月1日生まれで20歳未満の方

接種可能期間・・・上記の対象者が20歳になる前日まで

不足回数がある方は下のリンク先を参照して接種してください

厚生労働省ホームページ「日本脳炎の予防接種についてのご案内」

実施場所

三重県内の医療機関(三重県登録医師)

持ち物 母子健康手帳・予診票

予診票をお持ちでない方は、予診票をお渡しします。接種歴の確認が必要になりますので、必ず母子手帳をお持ちの上、健康づくり課までお越しください。

お問い合わせ

東員町健康づくり課

電話: 0594-86-2803

ファックス: 0594-86-2851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.