ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

出産育児一時金

[2018年8月10日]

ID:6804

出産育児一時金は、加入者が出産(妊娠85日以上の死産・流産を含む)したときに、国民健康保険から42万円を支給する制度です。

直接支払制度を利用することにより、42万円は国民健康保険から直接医療機関等に支払われますので、医療機関等での支払いは、分娩費用から42万円を差し引いた金額になります。
直接支払制度を利用する場合は、医療機関等と「直接支払制度を利用する旨の合意文書」を取り交わすことが必要です(役場での手続きは不要です)。

ただし、以下の要件に該当する場合は、出産育児一時金の申請が必要です。

  • 医療機関等への直接支払制度を利用し、出産(妊娠85日以上の死産・流産)費用が42万円に満たないとき。
  • 医療機関等への直接支払制度を利用しなかったとき。
  • 海外での出産のとき。

手続きに必要なもの

医療機関等への直接支払制度を利用し、出産(妊娠85日以上の死産・流産)費用が42万円に満たないとき

  • 世帯主の印鑑(認印でも可)
  • 預金通帳など振込先がわかるもの
  • 保険証
  • 出産費用の領収・明細書の写し
  • 直接支払制度を利用する旨の合意文書の写し
  • 医療機関等への直接支払制度を利用しないとき

  • 世帯主の印鑑(認印でも可)
  • 預金通帳など振込先がわかるもの
  • 保険証
  • 出産費用の領収・明細書の写し
  • 直接支払制度を利用しない旨の合意文書の写し
  • 死産・流産証明書又は死胎埋火葬許可証等の写し(妊娠85日以上の死産の場合のみ)
  • 海外での出産のとき

  • 世帯主の印鑑(認印でも可)
  • 預金通帳など振込先がわかるもの
  • 保険証
  • 海外での出産証明書の写し
  • 海外での出産証明書の日本語翻訳文
  • お問い合わせ

    東員町保険年金課

    電話: 0594-86-2805

    ファックス: 0594-86-2851

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム


    ページの先頭へ

    Copyright © Toin All Rights Reserved.