ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

【新型コロナウィルス感染症】妊婦の方々へ(厚生労働省)

[2020年5月13日]

ID:7658

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

妊婦の方々へ(厚生労働省)

現時点では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。

胎児のウイルス感染症例が海外で報告されていますが、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はありません。したがって、妊娠中でも過度な心配はいりません。

しかし、妊娠特有の免疫バランスや心肺機能の変化が影響する可能性がありますので、妊娠中は、より感染防止に努める必要があると考えられます。 人混みを避ける、こまめに手を洗うなど日ごろの健康管理を徹底しましょう。

※妊婦の方への一般的な留意点、妊婦健診・発熱時の留意点などについては、厚生労働省ホームページの公表資料「妊婦の方々向けのリーフレット」(別ウインドウで開く)をご覧ください。


発熱などがある場合

妊婦の方で、風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日以上続く場合、あるいは強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合は、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

妊婦健診の受診について

  • 新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した方、ご家族に感染疑いのある方がいる場合は、妊婦健診受診前に、かかりつけ産科医療機関に電話でご相談ください。
  • 新型コロナウイルスに感染している可能性がある場合は、妊婦健診受診を控えていただき、まずは帰国者・接触者相談センター(☎24-3625)に電話でご相談いただいた上で、かかりつけ産科医療機関にご相談ください。

分娩について

  • 各都道府県においては、周産期医療提供体制の整備など、安心・安全な分娩の実現に努めています。新型コロナウイルスに感染した妊婦の方は、かかりつけ産科医療機関と分娩先などについてご相談ください。


働いている方について

ご自身の体調なども踏まえ、時差通勤やテレワークの活用、仕事を休む場合の休業手当の支払いなどの賃金の取り扱いなどについて、勤務先とご相談ください。


関係書類ダウンロード

お問い合わせ

東員町子ども家庭課子ども総合相談室

電話: 0594862872

ファックス: 0594-86-2851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.