ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

[2020年9月4日]

ID:7837

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

避難所における新型コロナウイルス感染症対策について

災害が発生し避難所を開設する場合には感染症対策に万全を期することが重要となります。避難所には多くの避難者が押し寄せ、密集した状況での避難生活が予想されるため、感染のリスクが高まります。日頃から事前準備を行い、災害時の対応について考えておきましょう。

避難の考え方について

「避難」とは「難を避ける」ことです。自宅にいることで安全が確保できる場合は避難所に行く必要はありません。
自宅での生活が可能であれば「在宅避難」を検討しておきましょう。また、避難所以外の避難先として親せきや知人宅などの「分散避難」も検討しておきましょう。ハザードマップで浸水想定が3m未満の場合で、2階以上へ避難できる場合は「垂直避難」で命を守ることができます。

地震に備えて

・在宅避難の場合に備え、自宅で生活できるように水や食料などの備蓄品を準備・再確認しましょう。

・避難所以外に避難できる場所があるか、家族や親せきなどと話し合っておきましょう。

風水害に備えて

・自宅や周りにどのような危険があるか、ハザードマップで確認をしておきましょう。

・自宅の外に避難(立退き避難)が必要なのか「避難行動判定フロー」を活用して判断し、自宅で安全を確保できる場合には、在宅避難を基本とした避難行動をとりましょう。

・立退き避難が必要な方は、家族や親せきなど、風水害時避難場所以外に避難できる場所があるか検討しておきましょう。

避難所に避難する場合

・避難の際にはマスクなどの感染防止対策をしましょう。

・発熱・咳などの症状がある方は、避難所に到着したときに受付に申し出てください。

・基礎疾患をお持ちの方など、体調に不安がある方は、運営スタッフに相談してください。

・ほかの避難者との距離を十分にとるようにしましょう。

・定期的に体温をはかり、少しでも体調の変化を感じた場合は、速やかに運営スタッフに申し出てください。(非常持ち出し品に体温計をあらかじめ含めておきましょう。)

避難時に持っていくもの

町が備蓄しているものには数に限りがあるものや、備蓄していないものがあります。自分で必要なものは持参してください。これまでの備蓄品に加え、感染症対策物品の持参をお願いします。

・マスク(なければタオルなど)

・アルコール消毒液(なければウェットティッシュなど)

・体温計

手洗い、咳エチケット等の基本的な対策の徹底

避難者や運営スタッフは、断水等の影響がない場合、頻繁に手洗いするとともに、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。

衛生環境の確保

物品などは定期的に清掃するなど、衛生環境をできる限り整えます。

十分な換気の実施、スペースの確保

避難者に換気の協力を求め、十分な換気に努めます。また、避難者が十分なスペースを確保できるよう努めます。

発熱、咳などの症状が出た方のための専用スペースの確保

発熱、咳などの症状が出た方のために、専用のスペースを確保します。できる限り個室にするとともに、専用のトイレを確保するよう努めます。

関係書類ダウンロード

お問い合わせ

東員町環境防災課危機管理室

電話: 0594-86-2824

ファックス: 0594-86-2851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.