ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

熱中症に気をつけましょう!

[2018年7月19日]

ID:6818

熱中症に気をつけましょう!

温暖化やヒートアイランド現象などの影響もあり、熱中症で緊急搬送される方は増加傾向にあります

今年の夏の平均気温は平年並みか平年より高いと予想されています。熱中症は短い時間で進行することが多く、甘く見ていると危険です。重症化すれば死に至る可能性や、回復しても後遺症が残る場合があります。

ちょっとした工夫を生活に取り入れることで、熱中症は予防することができます。正しい知識を身につけて、夏の暑さに備えましょう!

熱中症とは…

暑さで体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節ができなくなることで発症する症状の総称です。

熱中症患者の約半数は高齢者です。高齢者は暑さやのどの渇きを感じづらくなっているため、気づかないうちに脱水症状に陥る場合が多いです。

子どもは体温調節機能が未発達なうえに、気温の影響を受けやすくなります。

熱中症の症状は、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感、意識消失、けいれんなどです。

熱中症を防ぐ4つのポイント

1. 室内で…

  • エアコン・扇風機を利用する
  • 部屋の風通しを良くする

2. 日常生活で…

  • 水分・塩分をこまめにとる
  • 急に暑くなった日は要注意

3. 外出時に…

  • 涼しい服装(通気性よく吸湿・速乾の衣服)
  • 日傘や帽子を着用する
  • 涼しい場所・施設などを利用し、日陰などでこまめに休息をとる

4. 体調に合わせて…

  • こまめな体温測定
  • 保冷剤・冷たいタオルなどによる体の冷却

体の異常を感じたら

  • まずは涼しい所へ(日陰やクーラーの効いた部屋へ)
  • 衣服をゆるめ、楽な姿勢で休みましょう
  • 体を濡れタオルなどで冷やしましょう
  • 「水分がとれない」「気分が悪い」「意識がぼんやりしている」「反応が鈍い」などの場合はすぐに医療機関を受診しましょう

お問い合わせ

東員町福祉部健康づくり課

電話: 0594-86-2803

ファックス: 0594-86-2851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.