ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成26年10月

[2015年2月27日]

ID:4352

町長ブログ

ブログ

平成26年10月29日 災害に備えた水道事業

名古屋市が大正3年9月、水道事業を開始してから今年で100年になり、昨日(10月28日)、100周年記念行事が行われました。

 名古屋市は、明治41年、内務大臣からの水道敷設認可を受けると翌42年には外国債を発行して、当時、市の年間予算の6倍にのぼる資金を調達しました。今日の名古屋市があるのは、当時先見の明があった先人たちのおかげということになります。

 今、東員町では、名古屋市水道局の支援を得て、水道施設の長寿命化、耐震化に取り組んでいます。災害時、まずは水の確保が最重要課題であり、東日本大震災や3年前の紀州大水害でも、本町などから出動した給水車が活躍しています。

 本町は比較的災害に強い町と考えられていますが、大きな地震で給水施設がダメージを受けるとたちまち水不足が深刻になってきます。これらに備えるための工事は、規模によって異なりますが、多額の費用がかかることが見込まれます。その時には、いままでの安い(給水人口3万人までで全国3本の指に入る)東員町の水道料金が上がるかもしれません。しかし、今、手を打っておかないと災害が起こってからでは遅いのですから、ご理解いただきたいと思います。

 100周年といえば、北勢線が今年で運行から100年を迎えました。当時は蒸気機関車だったと聞いていますが、「北勢線100周年」を記念して、10月31日(金)~11月12日(水)の間、桑名のギャラリー茶房「花ごよみ」にて、南大社の近藤幸先生の「北勢線100年の詩」と題した絵画展が行われます。また、11月22日、23日両日は、「ナローはつづくよ  どこまでも」と題したミュージカルを町総合文化センター ひばりホールで開催します。どちらも興味深いものとなっていますので、皆さんのご来場をよろしくお願いいたします。

平成26年10月8日 芽室町視察

 一面の畑が広がる北の大地、北海道・芽室町は、アイヌ語で「源流の泉や池から流れてくる川」という意味をもつ「メムオロ」が転化したものが名前の由来で、人口は1万9千人、北海道では数少ない人口増加自治体です。面積は513㎢と東員町の23倍、帯広市に隣接したこの町は、ほとんどが平坦地で、農地面積だけでも本町行政面積の約10倍にもなる農業王国です。9割が畑作で、農産品はスイートコーン(全国1位)ビート(2位)小豆(3位)馬鈴薯(3位)小麦(3位)など、十勝ブランドのついた一級品の野菜です。ちなみに、伊勢名物「赤福」の餡子は芽室町産の小豆を使用しているとのことです。

芽室町

北海道芽室町

   芽室町では、早くから子育て支援を重点的に行っており、その中で、優れた発達支援システムを確立しています。障がい者の自立を支える最終型としての就労では、農業とのコラボレーションに1年前から取り組んでいます。障がい者の保護者からは、親亡きあとの子どもたちの自立について深刻な相談をいただいておりましたが、縁あって知り合ったダックス四国・且田社長の協力を得て、保護者から提供いただいた3haの畑地を活用した農業を昨年度から始めています。且田社長のコーディネートで、愛媛・高知・福岡を拠点とする3社の惣菜関連会社が共同出資により(株)九神ファームめむろを立ち上げ、その中にA型事業所を置いて、現在9名の障がい者を雇用し、農業や収穫した農産物の加工、販売を手がけています。

 九神ファームでは、9名の障がい者(職労上7名が重度)と3名の指導者、契約した農業者1名にアドバイザーとして入ってもらい、他に2名の農業者をサポーターとして委託契約を結び、農作業から加工販売までを行っており、障がい者には最低賃金や雇用に付随する各種保険などを保証しているので、1日6時間半の労働で、毎月11〜12万円の月給になるそうです。

 今月1日と2日、門脇産業課長と一緒に芽室町を訪問、障がい者雇用についての勉強をさせていただきました。宮西町長や中川保健福祉課長、有澤同課長補佐の皆さんには親切に教えていただくとともに、九神ファームの現場まで一緒に案内いただきました。町長をはじめ、皆さんの苦労話や思いを誠実にお話しいただき、また、現場では、障がい者の皆さんのわずか1年で身につけたプロフェッショナルな技術や働きがいのある職場環境を拝見、そして、この仕組みを創られた行政の皆さんの努力に感銘を受けました。

 三重県ではこうした障がい者雇用の取り組みは低調であり、今回の私たちの視察は、今後私たちが取り組んでいかなければならないことの大きな示唆をいただいたものと思っています。本町でも、今後こうした取り組みを行っていく必要があると考えており、芽室町の皆さんにはこれからもご指導いただくよう願っております。

九神ファーム
記念撮影

九神ファーム

アーカイブ

町長その他

お問い合わせ

東員町政策課広報秘書係

電話: 0594-86-2862

ファックス: 0594-86-2850

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.