ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

浄化槽の法定検査について

[2015年9月25日]

ID:4986

浄化槽とは

浄化槽は、各戸に設置された、トイレ・台所・風呂場など家庭から排出される汚れた水を微生物の働きを利用してきれいにする施設で、下水道の終末処理場と同じ処理性能を持っています。 浄化槽の維持管理が不十分な場合、悪臭の発生、汚れた水の流出につながり、川や海の汚濁の原因となります。
浄化槽の維持管理を確実に行い川や海を守りましょう。

 

浄化槽の法定検査

法定検査は、浄化槽の定期健康診断で、浄化槽が正常に機能しているか総合的に判断する検査です。
浄化槽設置後は定期的に2つの検査を受けることが義務付けられており、この法定検査を受検しない場合の罰則規定も定められています。

 

1. 設置後3か月の検査

新たに設置したときは、使用開始後3か月から8か月の間に検査を行ってください。(浄化槽法第7条)

 

2. 定期検査

毎年1回定期検査を行ってください。(浄化槽法第11条)

定期検査の料金は次のとおりです。

 

定期検査料金法
 処理人槽 料 金
 20人以下 3,800円
 21~100人 8,000円
 101~300人 14,000円
 301~500人 16,000円
 501人以上 22,000円

お問い合わせ

浄化槽法定検査の申し込み・問い合わせ先
一般財団法人三重県水質検査センター TEL 059-213-0707
住所 〒514-0004 三重県津市栄町三丁目119番地
http://www.mieken-suisitukensasenter.jp/

ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.