ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成28年2月

[2016年3月31日]

ID:5201

平成28年2月

町長ブログ

平成28年2月

平成28年2月10日 輝く女性とまちづくりのシンポジウム

2月6日(土)、「輝く女性とまちづくりのシンポジウム」を開催させていただきました。
日本総研主席研究員の藻谷浩介さんの基調講演のあと、観光庁認定の観光カリスマで本町の地域づくりアドバイザーをお願いしています山田桂一郎さんのコーディネートで「東員町総合戦略 ~女性の力と地方創生~」と題したパネルディスカッションに入りました。パネリストは、基調講演していただいた藻谷浩介さん、三重県男女共同参画センター・フレンテみえ所長で、東員町在住の石垣弘美さんと私でした。

日本中どこでも、人口の増えている東京であっても、生産年齢人口は減少しており、高齢者は増えていることを、常に念頭に置いて、これからのまちづくりを考えていかなければならないこと、日本には働いていない、あるいは何らかの事情で働くことができない女性が多くいることなどを基調講演で教えていただきました。これからは、もっと女性が社会で活躍することが日本の社会にとって大事なことで、そのためには、男性が変わること、女性の社会進出の障害になっていることを取り除くことなどを進めなければなりません。

石垣さんは、ワークライフバランスの大切さを訴えられました。仕事をするための日常生活ではなく、生活を豊かにするために働くのであるから、社会も企業も、そのための仕組みづくりをしていかなければなりません。これからは、女性の力が活かされる社会でなければ成り立ちませんから、女性が働くときの障害を取り除く仕組みづくりが必要なのです。

行政としても、これからのまちづくりのキーワードは地域の自立であり、そのためには稼げる地域づくりをしていかなければなりません。ここでも、女性の感性、発想なくしては、こうした地域づくりはできませんので、女性の力が発揮していただける仕組み、女性が地域社会で活躍していただける仕組みづくりが必要になってきます。

子育て支援のさらなる充実はもちろんのこと、女性が安心して働ける環境づくりが必要です。例えば、子どもに何かあったときでも、社会全体で子どもをケアできる仕組みなど、親が安心して子どもを預けられる仕組みなどを考えていかなければなりません。

このシンポジウムは、町議会議員選挙の前日と重なったこともあって、参加者が少ない、とてももったいないものになってしまいました。このシンポジウムは、藻谷さんの都合で1年前から設定してあったものですが、選挙日の前日にしてしまった、私たち行政のミスで、町民の皆さんには大変申し訳なく思います。内容が素晴らしかっただけに、今後こうしたミスをしないよう心がけていきます。

パネルディスカッション

平成28年2月2日 公開討論会

いよいよ、2月7日は東員町議会議員選挙が行われます。今回は、14名の定員に対して21名が立候補を予定されています。

選挙に先立ち、1月30日(土)には、リンカーンフォーラムの児玉克哉事務局長がコーディネーターを務められて、公開討論会が開催されました。どうしても外せない所用のため、若干の不参加があり、それでも14名の立候補予定者が参加されました。会場のひばりホールは、500名ほどの観客でほぼいっぱいになり、参加者の意見に耳を傾けていました。今回は、東員町で公開討論会を進める会(早川代表)が主催して開催され、私も聴きに行きましたが、本町初めての公開討論会でもあり、町民の皆さんの関心の高さをあらためて感じました。

早川代表の話では、「有権者が、選挙に際して何を基準に選んだらいいかわからないという声を聞き、候補者が一堂に会する公開討論会を開催しようと思った。」ということでした。昨年の町長選挙でもこうした動きはありましたが、残念ながら開催できませんでした。「今回開催できたことは大きな意義がある。」と早川さんは話してみえました。

かなり古い話になりますが、選挙に際して、立候補者が一堂に会して行う「立会い演説会」が開催されていました。候補者が揃うこうした仕組みは、選ぶ有権者にとって、候補者を比較できるというメリットがあります。しかし、当時のことはよくわかりませんが、いろいろ不具合があるということで、当時の政治家が法律でこの立会演説会を禁止してしまいました。

今では、選挙になると個人演説会しかできなくなっていますが、こうした制度の欠陥を埋めるために、20年ほど前から公開討論会が行われるようになりました。公開討論会は、これまで全国で数千回行われていますが、そのほとんどが国政選挙または首長選挙に際してです。今回のように、地方議会議員選挙に際して行われたのは珍しいと思います。しかし、東員町で行われ、たくさんの皆さんが関心を持って聴きに行かれたということは大変有意義なことであり、これからの選挙でも、こうした、有権者に開かれた選挙につながっていくのではないかと期待しています。

いずれにしろ、大変ご苦労されながら、今回の公開討論会をやり切られた関係者の皆さんに、改めて敬意を表します。

公開討論会

アーカイブ

町長その他

お問い合わせ

東員町政策課広報秘書係

電話: 0594-86-2862

ファックス: 0594-86-2850

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.