ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成28年10月

[2017年4月20日]

ID:5880

町長ブログ

平成28年10月

平成28年10月12日 石垣定哉展開催中

 10月8日(土)、三重県立美術館で「石垣定哉展(10月8日(土)~12月11日(日))」のオープニング式典が、エントランスホールいっぱいの関係者を集めて行われました。挨拶に立った速水美術館長の話では、こうした美術展の開会でホールいっぱいの人で埋まるということは初めてのことだそうです。石垣定哉という画家の人柄、交友関係の広さがうかがわれるオープニング式典でした。

オープニングセレモニー

 今回の美術展では、石垣画伯の若いころからの作品を年代別に展示してあり、画伯の画風がどのように変遷してきたかを知ることのできる貴重な作品展示となっています。その中には、体調を崩されて以降に仕上げられた最近の作品も2点含まれています。まだまだ不自由なところはありますが、体調が少しづつ回復されている様子がうかがわれる作品で、うれしく感じます。

 この中で最もエネルギッシュな作品が並ぶのは、ニューヨーク時代の作品で、このところよくパワースポット巡りをされている方がみえますが、この場所は間違いなく強烈なパワースポットであること間違いありませんので、ぜひこの期間に県立美術館に行かれることをお勧めします。展示室の入口を入るとクライスラービルが2本そびえる作品が目に飛び込んできて、その迫力に圧倒されます。この2つの作品は別々の個人蔵になっており、2つが揃うのは20数年ぶりだそうで、私たちは、そんな大変貴重な機会を得ることが出来るのも、勧めるひとつです。

石垣定哉展
2枚のクライスラービル

 東員町は町民の皆さんの文化活動がたいへん活発な町だと思っています。そして、そのレベルが高いと町外の方からも評価をいただいております。
 山は高い山ほどその裾野は広いものですが、東員町の文化も、石垣定哉という高い頂きがあることにより、たくさんの町民の皆さんが、いろいろな分野に取り組み、そのレベルも高くなっているのではないでしょうか。

 本町の至宝である石垣定哉さんの美術展、多くの皆さんが、素晴らしい作品の中で、皆さんの貴重な充実した時間を過ごしていただきたいと思います。

町長その他

お問い合わせ

東員町政策課広報秘書係

電話: 0594-86-2862

ファックス: 0594-86-2850

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.