ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

平成28年12月

[2017年4月20日]

ID:6004

町長ブログ

平成28年 町の10大ニュース

今年最後の定例議会が今日閉会となり、今年も残すところあとわずかになってきました。
 今年もいろいろなことがありましたが、本町の10大ニュースを拾ってみたいと思います。


1. 2月  町議会議員選挙
            14名の定数に対し21名が立候補、激戦の末、定数の半分の7名(新人5、元職2)の
            議員が入れ替わるという結果になりました。

2. 6月  市民活動支援センター開所
            文化センター2階に新しく、市民活動をしている人たちを支援するための拠点を設置、
            所長以下4名体制で、日曜日、火曜日を除く9時から19時まで活動していただいています。

3. 7月  若者会議
            これからの東員町の将来を担っていただく若い皆さんに、まちづくりや稼げるまちを
            考え、活動してもらうための会議を発足させました。この中から、起業家が出てくる
            ことを期待しています。

4. 7月  浜乙女、ハイブリッドパークに進出
            「でえたらぼっち」で親しまれている浜乙女が、新しい工場を本町に建設することに
            なりました。町内の雇用環境が良くなることを期待しています。

5. 8月  東員インター開通
            東海環状自動車道の三重県区間で初めてのインターチェンジとして開通しました。2年後に

    は、新名神高速道路が亀山まで延伸することになっており、本町の利便性がさらに向上
            します。このポテンシャルを活用できる町の実力をつけていかなければなりません。

6. 9月  農福観光連携事業の調印
            新しい農業の研究・開発、若い農業者の育成とともに、農福連携事業(シグマファーム
            とういん)から、障がい者雇用の受け皿として、一般社団法人CAB(水戸市)と
            協定を結びました。

7.10月 東員第二中学校で模擬投票
            今年から、選挙の投票年齢が18歳に引き下げられました。今夏の参議院選挙では、
            新しい有権者の関心が高まりました。それを受けて、本町では、ニ中の生徒を対象に、
            本物の投票器具を使った模擬投票の体験を行いました。

8. 10月 地域の助け合い活動始まる
            瀬古泉自治会では、月に一度、地域のお年寄りが集まって交流できるように、
            集会所を使った瀬古泉カフェがオープン。中上自治会では、運転免許がなく、
            買物などに不自由を感じているお年寄りを地域のボランティアによってイオンなどに
            送迎するサービスが始まりました。車は、社会福祉協議会から無償で貸与されています。

9. 10月 桑員地区2市2町広域避難協定を締結
            全国的に大きな災害が起こる中、いざというとき、木曽岬町や桑名市の一部など
            浸水被害が心配な住民をいなべ市や東員町で受け入れるための協定を結びました。

10. 10~12月  石垣定哉美術展開催
            東員町が誇る世界的画家、石垣定哉画伯の美術展が三重県立美術館で開催されました。
            2か月の間に、6千名以上のたくさんの方が足を運んでいただき、石垣ワールドを
            堪能していただきました。本町からも、小中学生を含むたくさんの皆さんが展示の
            素晴らしい作品からエネルギーや感動をいただきました。

来年は、町制施行50周年の節目を迎えます。4月の記念式典とともに、1年を通して、町民の手づくりによる記念イベントで盛り上げたいと考えています。この際、とても高いレベルにある本町の文化風土に触れていただきたいと思います。

 最後になりましたが、来年も皆さまにとりまして素晴らしい年となりますよう祈念申し上げます。

町長その他

お問い合わせ

東員町政策課広報秘書係

電話: 0594-86-2862

ファックス: 0594-86-2850

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.