ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

日常生活の中で運動不足を補おう

[2020年11月6日]

ID:7890

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

日常生活の中で運動不足を補おう

コロナ禍の外出自粛で運動不足という人も多くいるのではないでしょうか。
以前のように外出できない時期だからこそ、運動や体操などを続けたいものです。しかし、いざ始めるとなると運動はなかなか大変です。
今回は活動の目安となるMETs(活動強度の指標)を紹介します。

  • 運動量(METs・時)=METs×運動時間(h)
  • 消費カロリー(kcal)=METs×運動時間(h)×体重(kg)
身体活動のメッツ(METs)表 【抜粋】
METs 生活動作(例) 運動(例)
0.9 睡眠  
1.0 安静に座っている状態  
1.8 立って会話や電話、皿洗い  
2.0 ゆっくり歩行、洗車  
2.3 動物の世話、庭の手入れや水やり ストレッチ、ピアノの演奏
3.0 普通歩行、子どもの世話 ボウリング、バレーボール、ギター演奏(立位)
3.3 掃除機をかける、床掃き 身体の動きを伴うスポーツ観戦
3.5 階段下り、風呂掃除、庭の草むしり、台所仕事 軽い体操、ゴルフ、釣り
4.0 階段上り、入浴、通勤、洗濯物を干す ラジオ体操、卓球



健康への二次被害を防ごう

コロナ禍での体調管理Q&A

新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、今まで通りの対応を良いかと不安を感じることがありませんか。
その一つに、体調管理があるかと思います。そこで、地域住民の健康管理を担っているいなべ医師会渡邊治彦会長に、正しい健康管理の方法を教えていただきました。

Q1.発熱などの症状があった場合どうしたら良いですか。
A.  発熱などの症状が生じた場合には、かかりつけ医にまずは電話で相談し、指示に従ってください。

Q2.定期受診をしています。薬だけ処方してもらい、受診を控えたほうが良いでしょうか。
A.  定期受診は本人の体調確認のために必要なことです。薬の処方に関しては、本人の病状によっては長期処方ができない場合がありますので、かかりつけ医にご相談ください。

Q3.健診や予防接種などは予定通り受診しても良いですか。
A.  予定通り受診してください。特に乳児の場合は、成長発達に応じた健診内容のため、先延ばしにすることのリスクもあります。決められた期間に受診してください。これからは、インフルエンザの季節を迎えます。今までよりも積極的な予防接種をお勧めします。

Q4.日頃の体調管理で気をつけることは。
A.  手洗い、うがいは基本的です。感染予防には免疫力を低下させないことが重要で、そのためには睡眠時間を十分にとることも必要です。また、家庭内感染を予防するためにも、家族に体調が認められる場合は、速やかな受診をお勧めします。

お問い合わせ

東員町健康長寿課健康づくり係

電話: 0594-86-2823

ファックス: 0594-86-2851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.