ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

母子保健推進員を募集しています

[2021年5月18日]

ID:8173

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

母子保健推進員を募集しています

 地域の子育て世代を応援し、乳幼児の健やかな成長を助けるお手伝いをしていただく母子保健推進員を募集しています。子育てを地域で支える母子保健推進員の活躍は、支援の必要な人に必要なサービスが行き届くような仕組みを定着させるために重要な役割を担っています。

募集について

  • 町内在住の育児経験がある、または母子保健に関する知識や子育て支援に興味や熱意がある人(助産師や看護師、保育士などの資格保持者歓迎)
  • 定期的な研修・交流会への参加やボランティア活動ができる人

    ※上記要件を満たす人で、次の養成講座を全日程受講する必要があります。また、令和4年3月までに幼児健診と母子教室を最低1回以上見学していただきます。
母子保健推進員養成講座日程
  日程 会場 受講内容
1 令和4年1月6日(水)
9時30分~11時30分
役場西庁舎
201~203会議室
・母子保健推進員の活動について
・東員町の母子保健の概要
2 令和4年2月10日(木)
9時30分~11時30分
役場西庁舎
201~203会議室
・母子保健推活動の手引きの説明
・家庭訪問の実際
3 令和4年3月8日(火)
9時30分~11時30分
役場西庁舎
201~203会議室
・母子保健推進活動について
 (外部講師による講演)

 ※内容は変更になる場合があります。

委嘱期間

 令和4年4月1日~令和5年3月31日(1年間)

締切

 令和3年11月30日(火)

応募方法

母子保健推進員応募用紙

母子保健推進員ってどんな人?

 母子保健推進員(通称:母推さん)は、町長の委嘱を受け、町の母子保健事業に協力する地域の身近な相談者です。主に自分の住んでいる地域で、子どもが生まれた家庭の訪問や、幼児健診や母子教室において親子が安心して参加できるようサポートするなど、行政とお母さんとのパイプ役として活動するボランティア団体です。

 母推さんは、地域で皆さんの良き相談相手になれるよう、子ども家庭課が行う研修会などに参加して自己研鑽に努めています。

母子保健推進員(令和3年度)からの一言

活動内容

こんにちは 赤ちゃん訪問

 町の母子保健事業の1つとして母推さんによる「こんにちは 赤ちゃん訪問」があります。育児不安の軽減や子育ての孤立化を防ぐため、赤ちゃんが生まれた家庭を育児経験のある母推さんが訪問し、育児に関する悩みや不安を聞き、支援の必要な場合は保健師へつなげます。
 また、絵本などのささやかなお祝いの品を持って自宅を訪問し、町の育児情報を伝えたり、子育ての大変さや楽しさなどを共有します。

離乳食教室の託児

 離乳食教室(前期:生後3か月~5か月児、後期:生後8か月~10か月児)にお母さんが参加されている間、お子さんを抱っこしたり、あやしたりしながら親子が安心して教室に参加できるようサポートしています。

幼児健康診査のお手伝い

 保健福祉センターで行われる1歳6か月児、3歳児健康診査に来所される親子に対し、受け付けや健診の流れを案内し親子が安心して健診を受けられるよう、また健診がスムーズに進むようサポートしています。

活動の様子

 ▲こんにちは 赤ちゃん訪問

 ▲3歳児健診

 ▲母子教室時の託児の様子(撮影:2017年)

お問い合わせ

東員町子ども家庭課子ども総合相談室

電話: 0594-86-2872

ファックス: 0594-86-2851

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyright © Toin All Rights Reserved.